催促状が届いても黙っとけばいい

過去の借金を請求されてあせって連絡してしまう人がいますがこれは悪手です。ずっと放置しておけばまた届かなくなります。でもどうしても気になるという場合は時効援用を考えてみましょう。

サラ金で借金時効援用をする仕方サラ金(サラ金など)からの昔の借金に関しては、消失時効があります。

一定の条件を満たしたうえで借金時効援用を行うことによって、債権の行使をすることが出来なくなる結果、実質的には「昔の借金が解除」になります。

借金時効援用をするための要因は、最終的な商い(返納)の翌日から5時代を経過しているケースというものが根源です。

ただし、途中で「時効のストップ要因」があった場合には、その時点から時効達成までのカウントが再計算されることになります。

そして司法などによる導因だと時効達成までのタームが10時代に設定されます。

つまり、最短で5時代で成立する時効ですが、場合によっては15時代ほど近いタームが経過しないといった時効が成立しない可能性も居残るということを知っておきましょう。

ちゃんと時効のことを理解しておかないと途中で中断していても気づかないし、気づかないうちにタームが延びていることになりますね。

サラ金への返納を行わずにタームを越すことが良識につき、サラ金からは督促が行われます。

レターで浴びる督促が根源なのですが、最初の未満はTELによる督促も浴びるケースが多いです。

レターは殊に無視していれば問題ありませんが、TELによる督促の場合は債務を受け入れる申し立てをしないことが必要です。

例えば、「いつか支払うから」とか「しばし待ってほしい」という申し立ては、債務を認めたといった判断されてしまうため、その時点で時効が中断してしまう。

そこからまた5時代タームが延びてしまうということになります。

そんな会話が無ければ、後は「債務名義」に関して意識を持っていれば時効達成の時代を判断することができます。

また、時効は自信がない第三者は弁護士や法務事務所に相談することもできます。

知っておきたいのが借金時効で弁護士を探す方法とはに説明があります。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.