独り身など運送品のボリュームが小さい引越しを実施するなら単身パックでやると

わが国の誇る『建築物における駐車施設の附置及び管理』なる制度は、3,000m2から0,000~30,000m2までは、よくフィットするものの、最近の規制緩和された大規模建築物は、床面積が10万dを超えるケースも多く、附置義務による駐車スペースを準備するのに過分な負担がかかる。

もともと附置義務駐車制度は、ミニマム基準であり、これを下回る駐車需要しかない大規模建築物の場合は、駐車スペースを減免してしかるべきである。
 しかし、この附置義務駐車制度は、前述した一定規模までの建物には、よく機能しており、制度全体を変更すると、これまでの駐車政策が空中分解する恐れがある。したがって、駐車スペースの減免を講ずる地区を特定し、そのうえで住民参加の下で論理的・計数的な需要予測の審査を行って対応することが好ましいと考える。この詳細については、6.4を参照されたい。なお、住民参加が必要な理由は、特定された地区内には、既存建築物があり、これらの建築物との関係上行政が一方的にルールを変更することが難しい。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.