修学旅行のシーズンになって、1番初めに悩むことになるのは?

キャリーバッグは子供が運ぶことを考えると、それ自体が重く扱いにくいうえ、
車や自転車などへの接触事故が、多く報告されています。

また移動時に音がうるさいことや、バス移動の場合、収納にかさ張るため、
学校でも禁止されていることが多いんです。

個人的な見解からしても、小さな子供がキャリーバッグをころころと転がしている
姿って、すこし合っていないような気がしますね。

修学旅行のシーズンになって、1番初めに悩むことになるのが、
どんなボストンバッグを子供に用意したらいいのか?
ということですよね。

できれば小学生の修学旅行だけではなく、中学生になっても、長く使えるような
ボストンバッグを選びたいと思うのが親心。

では一体どんなボストンバッグを選ぶと、長く使えるのでしょうか?
そこで、こだわりが強い女子でも納得する、修学旅行用のボストンバッグの選び方について、
みてきましょう。

子供のボストンバッグを選ぶ際に、重要視しなくてはいけないのが、
容量とボストンバッグ自体の重さです。

一般的に1泊に必要な容量は、約10リットルと言われているので、修学旅行用として・・
◆2泊3日(小学生の場合)約25リットル…横幅は約50~55㎝
愛媛 東京の引越し費用対策
◆3泊4日(中学生の場合)約35リットル…横幅は約60㎝
こんな容量が必要になるそうです。

はやり年齢が大きくなると荷物も増えるんですね!
ちなみに最近では、キャリーバッグを修学旅行用として、用意する家庭が増えているようですが、
小中学生の場合に限って、あまりはオススメできません。

キャリーバッグは子供が運ぶことを考えると、それ自体が重く扱いにくいうえ、
車や自転車などへの接触事故が、多く報告されています。

また移動時に音がうるさいことや、バス移動の場合、収納にかさ張るため、
学校でも禁止されていることが多いんです。

個人的な見解からしても、小さな子供がキャリーバッグをころころと転がしている
姿って、すこし合っていないような気がしますね。

Category: その他
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.