倉庫の環境は大事かも

前回の単身赴任の時はたしか、元々の短期滞在先に荷物だけ送って半年生活してただけだから

元の下落合に帰るついでに引っ越ししてしまったけど、今回の単身赴任の為だけに引っ越すのもばかばかしいので

その後の事も考えてトランクルームを借りることにした。

ここで以前の教訓を踏まえて、空調のしっかりした倉庫を選ばなければならない。

5年前くらいに、1年間だけ荷物を預けたときに、費用をケチって屋外の貸倉庫にしまっておいたら、衣類がかびてしまってえらいことになったから、もうそれだけは気を付けなくちゃと反省して、衣類に限っては空調で湿気を除外しないとだめだと確信しているので

もちっと良く調べてみようと思った。

トランクルームも、5年前と比べると各段に増えている。ただ、都心になればなるほど高いというわけでもなくて

そこの場所の人口の昼夜の出し入れとか、住宅地が多い中野区や杉井並区と公用地や官庁の多い千代田区や中央区では事情も違う

駐車場があるのとないので、料金も違うとか、駅からの距離とかで料金が違うとか、いろいろ考えることは多い

今回は短期のつもりだけど、場合によっては荷物置き場として長く使いながら、住いは仮で転々としてもいいかなとも思う。

もしかしたら、この方が安く挙がるかもしれないと思うくらい、今はトランクルームの数も増えているし、狭くても住めて安い部屋という方が探しやすいような気がする。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.