キャッシング申し込み時の審査方法

キャッシングには必ず審査があります。

全てのケースにおいて、金融会社は、審査をパスした顧客でない限り、融資をすることはありません。

ローンでも、キャッシングと同様に審査を受けなければなりませんが、なぜ融資前には審査があるものなのでしょう。

審査があるのは、貸したお金を返せる客かをキャッシング会社が判断したいからです。

信用能力のない人に融資を行うと、貸し倒れが続出します。

審査では、今はどこに勤めており、勤続年数が何年で、収入はどのくらいであり、並行して借りている融資はないか等を確認します。

キャッシングの審査でポイントとなる点は、収入の安定度合いですが、今の会社で働き始めて短い人であっても、審査に通ることもあるようです。

勤続年数については、短いよりも長いほうが評価が高くなるのは言うまでもありません。

保有する資産も審査も対象になり、持ち家があるかも重視されています。

住宅ローンや、マイカーローンなど、他のローンを使っているかどうかも、大事なポイントです。

借り入れ希望額と、年収とのバランスが悪い人は、返済に不安があるとして、審査に通らないこともあるといいます。

固定電話を引いている人は、携帯電話だけの人よりも、住所不明になる可能性が低いと考えられています。

審査の内容はキャッシング会社によって異なっているため、収入面や試算についてをどう捉えるかは、金融会社によってまちまちです。

ラミューテ

Category: 金融
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.