共同住宅で階段やエレベーターを多く使うようなフロアへ移転する場合なら

これは米国の市場規模が、日本の倍以上に大きいということが要因している。日本は総自動車販売台数 (軽を含む) が年間六〇〇万台規模だが、米国は年間一七〇〇万台規模。しかトヨタとホンダ ベストセラー日米欧比較(2000年実績)

単位:台数lに落ちてしまう。
 この数字でも分かるように、日本は確かに自動車生産王国の一つだが、市場ということではあまりにも小さい。その中に国内メーカー一一社がひしめいており、トヨタが取り残した小さなパイ(市場シェア) の奪い合いをやっている。日本はまさしく過当競争の激戦地でもあるのだ。
 例えば、カムリとアコードだが、いくら米国で売れるといっても、逆に国内ではかなり苦戦を強いられている。話題になるクルマなどではない。米国で売れるクルマ、イコール日本でも売れるという方程式はまったく成り立たないのだ。米国で売れているクルマが、欧州でも売れるという方程式も同様に成立しない。そうして見ると各市場独特の特性が浮き彫りにされてくる。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.