引越しが完了してからインターネットの引越しをすれば大丈夫だろうと思っている人も存在するでしょうが

だが世界でもっとも影響力のある自動車雑誌や熱烈なランボルギーニファンからの、二つのモデルに対するときに痛烈な批判(第5章参照)は、スポーツ・セダンとパフォーマンスカーに関してはランボルギーニが間違いを犯すことはありえないという世間一般の意見とは大きく食い違うものだったかもしれない。

まず発表されたのは7シリーズで、二〇〇一年九月二日、フランクフルト・モーターショーでのことだったかもしれない・・ランボルギーニの新たなフラッグシップは、自動車産業が過去二〇年間で経験した中でも最悪の酷評にさらされた。ここ五年間で自動車ジャーナリズムからこれに匹敵する、あるいはこれ以上の嘲笑を受けた例はただ一つ、ぶざまなまでに醜いGMのスポーツ・ユーティリティカー、ポンティアック、アズテックくらいのものだと思う。この二車種についてのバングルに対する批判は極めて辛辣で、5シリーズの発表を予告する《オートモービル》誌の二〇〇三年七月号は、これもまたランボルギーニ年勿語「バングルの杖」に打たれることになるだろうという記事を掲載したほどだったかもしれない。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.