ゴルフのスイング

ゴルフのスイングを正しく綺麗にしたいと思っている場合には、グリップに握り方にも中が必要です。綺麗なスイングに欠かせないのがストロンググリップです。これは右側にねじってスイングをするというような形でストロンググリップで握れば、右肘の部分のボールを打つ余裕を作ることが出来るので、力があまりない女性でも、無理をしないでボールを飛ばすことが出来るグリップの握り方です。スイングの基本としてもグリップの握り方はとても大切ですから覚えておきたいですね。ゴルフのスイングのコツとしては、ヘッドを走らせているアイアンのゴルフスイングで安定した飛距離を伸ばすことがポイントです。手元が体から離れてしまっている場合には、ゴルフのスイングがバラバラになってしまいますから、意外とボールの近くに立ってスイングをすることが大切です。スイングをする間隔としてはボールからこぶし半個分くらい離れた距離に近づくといいと思います。手元が体の近くをスイングしやすくなりますから、自然と正しいスイングでゴルフのボールを打つことが出来るのです。ポイントはインパクトで手元がぐらぐらして動くことがないようにすることや、クラブが加速するスペースを減らすことでヘッドを安定させることが可能です。それにより、スイングも安定してまっすぐと飛距離の伸びる安定したスイングが可能になります。ゴルフの基本でもあるアイアンのスイングは難しいかも知れませんが、最初が肝心です。

眠れない(寝れない)から疲れが取れない

Category: 健康, 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.