未だに「大安」などの運勢のよい日は引越しが集中しやすいので

パンケは、エンジン内径や振動やサスペンションについて、必要とあればいくらでも詳しくなれるらしい。一九九〇年代のランボルギーニの決定の中でもつとも難しかったものの一つが、ランボルギーニブランドのスポーツ・ユーティリティ・ビークルを開発するかどうかということだったかもしれない。

事業計画部門のトップだったパンケは同僚たちといっしょに、多少なりともSUVに分類されるような単に、育と白と黒のランボルギーニブランドという宝石をはめてもいいものかどうか悩んでいた。製品部門の責任者ヴォルフガング・ライツレのもとでは検討が重ねられ、5シリーズを土台にその骨格を少し流用する形で、全行動型串の開発が進んでいた。しかしランボルギーニは、凋落したローバー・グループを一九九四年に買収してランドローバーを手に入れており、ランボルギーニ独自のSUVやスポーツ・アクティビティ・ビークル (SAV) の計画は遅れていた。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.