不妊治療に光明、非閉塞性無精子症でも赤ちゃん

現在不妊で悩む夫婦はかなり多いと聞いています。
一人目に恵まれても二人目を中々授からない夫婦も含めると、
かなり人数が増えるのではと感じています。

そんな不妊の原因のひとつで、精巣で精子が作られない
非閉塞性無精子症であっても、
精子に成熟する前段階の「前期精子細胞(円形精子細胞)」を
精巣から採取して体外受精を安定的に成功させられることが
分かったとのこと。
112人の誕生に成功したそうです。
これはセントマザー産婦人科医院(北九州市、田中温院長)が
自称し、その仕組みなどを米科学誌PNASに発表したとのことです。
不妊治療が最終段階に入れば入るほど、
大変なのがお金の工面です。
本当にどうしてもお子さんが欲しい場合には、
アコム店舗で融資をしてお金を借りようかと思う人も
中にはいるかもしれません。
こうしてどんどん人工授精や体外受精などの研究が進む今、
欲しいご夫婦はたくさんいらっしゃると思うので
まずはそこから助成金を投入するなどの対応を
政府がやるべきだと思います。

Category: ニュース
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.