理論的に冷静に話すと自動車は安くなりやすい

自動車は車体価格が基本的に高額になっているので、値引きして購入するものです。基本的に軽自動車の場合には、製造価格が高く販売価格が安いので値引き額を大きく引き出すのは難しいと言われています。これに対して、ある程度の価格の普通自動車なら軽自動車よりも割引価格はそれなりに確保することが出来やすいです。

値引きしてくれるというのはセールスマンの好意と思っている人もいますが、基本的に自動車の場合には、最初に出される見積書というのは、ある程度の今後の値引き交渉をすることを見越して金額を高く設定していると思った方が良いです。

値引きを要求しないお客がいると営業マンやディーラーの利益が多くなって儲かると言った訳です。この為、値引き交渉を行うのは大切です。特に、もう少し安くするようにと、なんとかなりませんかと泣きつくようでは、多少の値引きは出来ても、結果的に十分な値引きを獲得するのは難しいです。

感情的に訴えても、営業マンも早々値引きするわけにはいきません。この為、理論的な理由を用意してあげて、営業マンが上司に言っても納得できるような理由を用意してあげるというのが大切になります。

自動車税 廃車

Category: 生活  Tags:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.