北海道のタラバガニ

タラバガニは体(足)が非常に大きいのが特徴です。その分、身がものすごく食べ応えがあります。ただ甲羅がとげとげしていて、ちょっと扱いづらい蟹です。

ズワイガニに比べてタラバ蟹のミソは正直言って美味くないです。そもそもズワイ蟹はカニではなくヤドカリの助っ人です。先日、タラの多くとれた辺りでカニに似たアニマルが豊富とれたので、タラバ蟹と名付けられたそうです。ちなみに、カニの足は普通10読み物ですが、タラバ蟹の足は8読み物しかありません。ヤドカリと一緒です。

タラバを美味く摂るなら冷凍を介さないで食べる方法が良いといわれています。みなとに通っている人物でないと難しいですね。

テーストはタラバ蟹よりズワイガニのほうが美味いといわれています。ただし、件数印象から言えば、断然タラバ蟹です。口当たりや食べごたえを追求するならタラバ蟹。深い味を追求するならズワイガニがお勧めです。

カニの季節は何より冬季…。そう思っている人が多いでしょう。丁度お恰好月頃によく食べられますし、冬のカニは私が締まっておいしそうというイメージがありますよね。それは間違ってはいません。でも、カニのクラスや収穫エリアによってカニの季節は異なってきます。

例えば北海道は日々カニの季節といってよいほど安定してカニが収穫されています。新鮮なカニは、とれたてが季節ともたびたび表現されます。また、カニのクラスによって季節は異なります。例えばタラバ蟹、北海道郊外では2,3,4月、9,10月が季節になります。その時のタラバ蟹はズワイガニにも匹敵するテースト。テーストが取り去れるといわれているタラバ蟹も非常に美味しい時になります。ズワイはタラバより少し時がずれます。5,6月と9,10月です。殊に春から梅雨にかけてのズワイガニのテーストは非常に良質であるといわれてあり、美味しいズワイガニを食べたければその時に冷凍ではなくできるだけ新鮮なカニを購入することをお勧めします。

日本海は北海道とは時がずれます。冬そのままでズワイガニは東北地方の日本海傍らでは10月から5月、北陸近隣は11月から3月が季節になります。

これらの季節以外にそれぞれのカニを購入するとお金が高くなったり、場合によってはまがい物の可能性もあります。信用のおけるカニを取り扱っているストアーで購入する必要があります。

ズワイガニ 価格

Category: その他
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.