就職セミナーで着用すべき服装とは

就職セミナーでは、特に服装の指定がないところが多いようですが、服装や、持ち物については、どう考えるべきでしょう。

実際、就職セミナー参加者は、ほとんどの人がリクルートスーツで参加しています。参加説明では、服装について特に指定がないのに、大抵の人がスーツを着て参加しているのは、どういう意味あいからでしょうか。就職セミナーを、就職活動とほぼ同等の会ととらえることで、就職活動時のドレスコードで参加しようとする人が多いためです。現に、合同セミナーに来る企業サイドの担当者もスーツ姿で現れますから、ビジネス用の服装をして来るものという感覚になっています。どういった服装やスーツが適しているのと言うと、黒のリクルートスーツが一般的になります。就職セミナーでは、会場を訪れた人の大半がリクルートスーツを着ています。黒が一般的ですが、ダークグレーやネイビーブルーの人もいます。

それ以外に共通する特徴として、白いシャツをスーツの下に着て、ボタンはきちんと留めて、きちんとした印象をつくることです。バックや、靴下、靴などの小道具も黒にして、眼鏡をかける時もフレームの色は地味目にします。スーツ以外の複数で就職セミナーに行かざるをえない時には、ラフにならないようにしておくことです。仕事の現場で場違いにならないような服装をイメージして、ジャケット等を着ることです。就職セミナーといっても会社の人事担当者は参加者の動向をしっかりチェックしていることを忘れないことが大切です。ハニーココ

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.