脂肪を分解する注射のメリットとデメリット

脂肪を分解する効果のある注射はその名前の通り、脂肪の層に、脂肪を溶かして燃やす成分の入った薬剤を注射で挿入することです。極細の注射針で薬液を注入し、脂肪を分解するために、切開手術のように皮膚にダメージを負わせることはありません。施術にかかる時間がほんの10分くらいで済むことも、脂肪分解施術のいいところであり、気軽に受けることができます。

脂肪を切除する方法では、皮膚の痛みや腫れが心配になりますが、脂肪分解効果がある注射をするだけなら安心です。メスを皮膚に入れるものではないので、身体にかかる負荷を抑えることができますし、安心して施術がうけられます。

施術後すぐに普段通りの生活を送ることができるので、忙しくてあまり時間が確保できない人でも施術を受けられます。頑固な脂肪を分解する作用があるため、どんなダイエットを行っても全くサイズダウンしない部分がある人でも、効果が期待できます。

脂肪分解注射は、スケジュールがぎっしりと詰まっている生活をしている中て、脂肪の除去施術をしたい人でも受けられます。ただし、引き締めたいと考えている場所でも、そこに大して脂肪が蓄積されていないという時には、脂肪分解注射をすることはできません。

施術後しばらく、脂肪分解をした場所にあざや、腫れができることがあり、部位によっては目立ってしまいます。大抵は、メイクでカバーすればカムフラージュが可能なのですが、お肌のコンディションや、体の状態によっては濃くなりすぎたりします。万が一のことを考えて外出する機会が少ないタイミングで、脂肪分解の施術を受けるようにすると安心です。

Category: その他
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.