住宅ローンにおける税金の控除について

住宅ローン控除は、住宅ローン融資を受ける時に知っておいたほうがいいことですが、意外と理解していない人が大勢いるようです。

住宅ローンを組んだ場合に、税金が控除される制度が有ることはあまり知られていないものです。税金の控除について詳しく知らないという人が多いのは、会社に勤めていると会社が年末調整等をしているからでしょう。これまでは、会社が年末調整という形でやってくれていた税金の調整を、確定申告までしなければいけないのが大変なところです。住宅ローンを利用した人のうち、条件OKが出ている人なら、住宅ローンの残高に応じて、税金からの控除額が決定します。住宅ローン控除の条件とは、返済終了まで10年以上かかるものであり、かつ、自分が住むための家を購入するという条件を満たさなければいけません。

住宅ローンの借入金額によっても控除額は左右されますので、人によって条件は違います。概ねその年に、住宅ローンを返済した金額の1%程度が、自分の所得の額から控除されます。ただ待っていればいいものではなく、自分で確定申告の手続きをして、住宅ローン控除額を申請しなければ、適用はされません。税務署に確定申告に行く時には、確定申告用の用紙と一緒に、登記事項証明書や、不動産売買契約書のコピー、ローン残高を証明する書類を出さなければなりません。勤めている企業が、今までは手続きをしていたので、税務署に行って確定申告をしたことがないという人もいるようです。正しい確定申告の手順が理解できていない人の場合、住宅ローン控除のために、税務署にわからないことを聞きに行くことも可能です。http://www.yd-suji.com/

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.