脳の血管異常が原因である事が多いです

脳血管型の、認知症(ニンチショウ)の初期症状としては意欲低下や自発性の低下、夜間の不眠や不穏が挙げられます。小規模の脳梗塞や脳出血が起こった場合だと、症状がふらつきや目まい程度にとどまってしまい認知症(ニンチショウ)が原因と気づかないケースも多くあるようです。
より症状が進行すると脳がダメージを受けた箇所や場所によって、症状の出具合が違うまだら認知症(ニンチショウ)と呼ばれる症状が特徴として挙げられます。
アルツハイマーと呼ばれる病気の症状は「忘れてる事すら忘れる」といった症状が現れます。例を挙げると夕飯を食した後に食したモノの中身を忘却するのではなく食した事自体を覚えていない、といった感じの症状です。中盤に差し掛かると今と昔の判別などがつかないでその結果「徘徊する」症状を引き起こします。後半の状態としてはブレインの萎縮がもっと進み、ワードの数と意味自体どんどん忘却していき結果として話ができなくなる、というような症状になっていきます。
アルツハイマーと俗に呼ばれている病気はブレインの中側にアミロードΒ(ベータ)というタンパクがたまっていき普通の状態の神経内細胞が壊れていき、ブレインが萎縮してしまうのが主たる原因だと研究で究明されています。悔しいところですが件のたんぱく質がのさばる要因は明らかには理解されていません。

軽度認知障害 予防

Category: 健康
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.