革の寿命を考えるとお高い買い物もそうでなくなる

革製品は基本的に高価なものです。数十万するものも珍しくありませんよね。でも革製品は一度でいいから高価なものを使ってみたいという方も多いと思います。

革製品の寿命というのはどれくらいのものなのでしょうか。革製品といっても本革であったり合皮であったり、また本革でも何の動物の革であるかなどでも寿命は変わってくるといいます。

合皮は使い方にもよりますが、長くて3年ほど持つと至る所に丸みが帯びてきたり劣化がきます。

一方で本革であると、お手入れ次第では数十年ももつと言われています。

牛革や馬革は非常に長持ちすると信頼も高く人気です。

革だけを見てみればかなりの年月を共にできるのですが、注意してほしいのは裁縫部分の劣化や破損です。

裁縫部分が破損してしまうと素人の私たちではどうしようもありません。この裁縫部分がしっかりしているものを選ぶのは長年持つうえで当然ですが、例えば購入した先で糸の補修などのアフターケアをしっかりしてくれるブランド、メーカーで購入されることをオススメします。

こういった部分も自分でやるメンテナンスと同じで頭に入れておかなくてはいけません。

金額的には高いと感じる本革製品ですが、大事にして長く使うということを前提に考えれば、年月で割ってもそこまでお高いと感じることもないのかもしれません。

安く手を出しやすいものは数年ですぐに買い替えとなる可能性があるので、その度に出費がかさみます。

一ついいものを手に入れて長く使うということで「育てる」という楽しみもあるのが本革製品です。

こちらのブランドはそういった革製品のファンの方が非常に多い日本ブランドになります。

一生ものの鞄などをお探しの方には検討すべきブランドでしょう。

日本職人がつくり上げるココマイスターの鞄

 

 

Category: ショッピング  Tags:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.