社会現象となっているポケモンGO

既に配信された国ではポケモンGOの快進撃が止まらない。ポケモン発祥の地である日本はまだだが、開発元であるNianticのジョン・ハンケCEOによると、日本でのリリースはサーバの許容量が十分ではなく、配信後の需要に耐えられない見通しで、現在日本のパートナーと努力しているとのことだ。

7月中にはなんとか配信したいとしている。連日ニュースではポケモンGOの話題が流れ、全く興味のない人の為にGoogle ChromeではポケモンGOに関する話題を全てブロックできるブラウザ用拡張機能「PokeGone」が公開され、現在300人くらいがこのフィルターを使用しているといいます。ポケモンGOはGPSを利用して、プレイヤーを現実世界へと誘います。グーグル・マップのような画面を見ながら、現実世界でポケモン探しの旅に出ます。これには厖大な量のデータが必要となります。ちょっとダウンロードして2、3回試して見向きもしないユーザーも中に入りますが、その大半のプレイヤーはずっと使用し続けているのです。しかも、とんでもない数のユーザーがいます。この大勢のユーザーによる使用はサーバーにとって巨大な負荷となりますが、その接続性能はゲームプレイにとっては決定的に重要であります。最初の週における接続はむらのあるものとなりましたが、驚いたことに、ポケモンGOの人気は一瞬であらゆるSNSを抜き去りました。最も楽観的な任天堂の重役でさえ、こんなことは予想しなかったに違いないでしょう。自動車保険安い見積もりを比較するなら

Category: その他
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.