タケコプター

また、「空を自由に飛びたいな~♪」「はい!タケコプター♪」ことタケコプター。

これはドラえもんが最初に現代で使用した道具だが、これは当初、漫画ではお尻付けるものだった。 のび太はうまく使うことができずに、ズボンが脱げてしまい地上に落ちてしまったりしていた(笑) また、有名な柳田理科雄が書いた「空想科学読本」によると、タケコプターは要するにヘリコプターのプロペラを人間の頭に着けるのと同じなので、使った瞬間、人間はミンチになるという(笑) また、ドラえもんは物理的にミカンの皮のようになるだろうと書かれていた(笑) そんなことを飛び越えて、ドラえもんの道具に思いをはした人はたくさんいる。 中にはそうした道具を実現・開発を夢見て科学者になった人たちもいる。 ドラえもんの道具である「望遠メガホフォン」を富士ゼロックスが展開中の『四次元ポケットPROJECT』というプロジェクトを発足させ開発したというのだ。

ホスピピュアを使った結果

Category: エンタメ
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.