神経過敏状態を鎮めること

“神経過敏状態になると寝付きが悪くなったり途中で起きるなどおかしなことが起きます。自分で神経過敏状態だな~と気づいた日は、ゆっくりお風呂へ入り副交感神経を優位にしたり、寝る前に軽く食べたりしています。

軽めに食べるのは神経を落ち着かせるためと、もう一つは胃が空っぽの状態よりも少し何か入っていた方が落ち着くからです。体と心の両方を落ち着かせるために少しだけ胃の負担が少ない物を選んで食べます。

入浴は少しぬるいお湯がいいです。わたしは少しぬるい温度というよりもかなりぬるめの温度にしています。お湯につかっていても汗が出てこないくらいのお湯にしばらくつかります。

その間に余計なことをあれこれ考えないように、雑誌を読んだりぬれてもいいような読み物を持ち込んで目を通します。

お風呂から上がって、ストレスが解消できたような肩が軽くなったような気がすると布団に入ってじきに寝付けます。身体をあまり温めてポカポカさせてしまうとしばらく布団に入る気がしないのでこういう方法をとっています。”
http://otyakai.net

Category: その他
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.