不要不急の特殊メニューなどを申し込まないで

これは単純に言うなら経営の多角化ということになるだろうがそれは従来のトラック業が行なっていたバス事業、タクシー事業、ホテル事業などの大きな意味での運輸産業の枠内のものとは視点の異なるものを視野に入れたものを言うのである。

それは単なる資本の原理や監督官庁の枠内のものではない。それが「トラック業が行なっていた(荷主企業が相手としていた)市場を対象としたもの」であるたとえば、トラック業にとっては発荷主が委託主であるために顧客とはこれを言うものだと思っていたのかもしれないが荷主にはもうひとつがあるそれは着荷主であり、これらこそ、荷主にとっての本当の顧客である。
 あえて言うならある意味で、ある面で、この荷主の顧客との関係がもっとも深いのはトラック業である。そうである以上、この着荷主のおかれたシーンを市場と考えてビジネス開発を行なうことは可能であると考えられるそれは単純に着荷主をトラック業が自社にとっての発荷主とするということだけではない。

Category: 生活
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.