糖尿病薬はその機能によって色々な種類がある

糖尿病の原因となるインスリン抵抗性を改善する薬として一般的なのがヒグアナイド薬とチアゾリジン薬があります。

ヒグアナイド薬は空腹時に脳や赤血球のエネルギー源として肝臓から放出されるブドウ糖の量を抑制して血糖値が高くなり過ぎないようにする効果があります。

一方のチアゾリジン薬は肥満によって脂肪細胞からインスリンの働きを悪くする悪玉ホルモンのTNF-αやPAI-1が分泌されるせいで細胞の表面をブロックして糖を筋肉や脂肪組織に取り込ませないようにしてしまうのでこの脂肪細胞自体を改変して悪玉ホルモンを分泌しないようにするお薬です。

このように糖尿病薬と一口にいってもその効果は様々なので患者さんの状態に合った薬を処方することで効果的に血糖値を下げることが出来ます。

またインスリンの分泌量が低下している患者さん向けにはすい臓に働きかけてインスリン自体の分泌を促す薬も効果時間によって色々と種類があります。

効果が短時間なのは即効型インスリン促進薬で食前の飲んで食後の血糖値を下げる目的で処方されます。

食後高血糖などの食後に急激に血糖値が上昇する場合には効果的ですが、飲むタイミングを誤ってしまうと逆に血糖値が下がり過ぎてしまうという副作用もあります。

スルホニル尿素薬も糖尿病の薬としては最もポピュラーな薬ですが、即効型インスリン促進薬と同じく低血糖のリスクがあります。

なのでこういった即効型のインスリン薬を飲む場合にはきちんと薬の服用を自己管理をすることが大切になってきます。

そういった不便性を改善したのが最近になって開発されてDPP-4阻害薬です。

飲むタイミングは1日1回で大丈夫なので薬を飲み忘れたり飲むタイミングも食前食後どちらでも良いので好きなタイミングで服用できとても利便性が高くなっています。

また最近では1週間に1回の服用で効果が出る薬も開発されているのでますます患者さんへの負担が少なくなってきています。

生活習慣の改善も大切で高脂肪食よりもカロリーが少ない和食中心の食事を増やすようにするだけでも数ヵ月続ければ体調に明らかな変化があるのが分かると思います。

和食の中でも特に魚料理を多く食べるようにすれば血管年齢が若返り動脈硬化の改善に効果的なオメガ3をしっかり体内に取り入れることができます。

Category: その他
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.Both comments and pings are currently closed.